「矢」には神聖な力が宿っている

医療の医にはなぜ矢という文字が入っているのでしょうか?

矢は神聖な力が宿っているので、古代人間は、「矢」=「鍼 はり」で体調を整えていたようです。

作品の子供が持っている物は、神さまからいただいた「矢」
この、いただいた大切な「矢」をどこへ射ろうか..。
大きな花が開き、光の矢を解き放そうとしています。

矢が人間の心身に入り、体調がよくなりますように..
絵を観ながらリラックスして温かくなってくれたらいいな..。
いつも患者さんに寄り添っている方からの依頼です。

少しでも役に立てるなら有難いことです。

描いた子供は、医療従事者のもとへ。

大切な矢を持って旅立ちました。
( チビッ子頑張るんだよ。いってらっしゃーい。)