NO IMAGE

手話の仲間

[大切なキリン]

忘れたくない、

私には大切な仲間がいます。

それは手話を一緒に学んだメンバー。

昔、手話講習に通っていた時期がありました。

今は、ほぼ忘れかけていますが、サークルや行事には、

なるべく参加し、細くながら関わっております。

当時、結構な人数でしたが、

お互い入り込まず、不思議とバランスがとれていて派閥もなく、

講師の先生方にも恵まれておりました。有り難いことです。

講習者の中に、きゃしゃで綺麗な女性がいました。

彼女は、手話もペラペラで指文字で文章も表せるくらい上手です。

なぜ彼女が講習に参加しているのか不思議でした。

(資格をとるためだった)

聾唖者の交流の時も、

全く出来ない私の隣に座って、通訳をしながら一緒に

お茶をしてくれたのを覚えています。

数年かけた講習期間が終わった後でも

年に一度、皆で集まり近状報告しあったり、数人は現場で通訳として活躍してたり、いまだに応援しあっています。

私の結婚式にも遠くから彼女含め、手話の仲間、みんなが集まってくれ

各テーブルに通訳として座ってくれたりと幸せな時間を過ごしました。(ツレは当時同じ仲間です。)

年齢はバラバラだけど心地よい仲間達です。

昨年の、台風15号の時も停電になりながらも、

グループで安否確認し励まし合いました。

彼女の家も停電で地域的には長く大変だったはずです。

 

また会えると思っていまし、

いつでも会えると思っていました。が

彼女は、虹になってしまった。(コロナではありません。)

身体が弱く数年前から入退院繰り返していたらしい。

4月末になくなり5月2日告別式を済ませたとのこと。

今までそんな素振り見せなかった….。

思い返せばいつも彼女は一生懸命生きていた。

 

心が、空っぽになってしまった。

しばらく何をするにも彼女の顔や仕草が出てきて……..。

どんな思いで家族は….切なくて….。

ラインには彼女の作品もペットも残っていて、

そして彼女が作ってくれたキリンもここに….。

 

それでも、

朝がきて夜がきて、毎日が過ぎていく。

窓の外は、ひとあめ、一雨毎に、緑も濃くなっていく….。

彼女の顔も、思い出も、

いつの間にか空気と混じりあって、なくなってしまうんだろうな….。

落ち着いたらお墓参りに行きたい。

あなたにもう一度会いたい。

 

家族、姉妹、友人、毎日当たり前のことが当たり前ではない。

一緒にいる時間に感謝。大事にしないと。と教えてくれた彼女。

ありがとう….。いつかまた逢おうね。

 

 

 

 

天までとどけ画集・仏様と童子が鯉のぼりに乗っている表紙絵

障子画・墓石画・各種デザイン制作承ります

子供・天使・仏さま・ペット等。
一枚一枚手書きいたします。
コチラよりご相談ください。

コラムの最新記事8件