私の好きなお道具 その1

〈香りを楽しむ〉

お山がほんのり白くなる季節

4月下旬から5月に入ると、葉っぱの色も匂いも少しずつ濃くなってきます。毎年この時期、思い出したように、おひつを出します。

しまいこんでいた道具を撫でながら、蓋を開け水で洗い流すと、

桧の優しい香りが広がります。

深く息を吸い込み、しばらく余韻を楽しむ、ほっとする時間。

軽く干して、炊き上がったご飯を移す時も

桧の香りがふわ~と….(* ̄∇ ̄*)

(私は、おひつにお酢を馴染ませてから移します)

時間が経過してもベタベタせずに、冷めても美味しいご飯が、

食べられます。

普段、炊飯器に残ったご飯は、密封容器に移してさっさと片付けますが

ひと手間かかるおひつを使います。

長ねぎ刻んでお豆腐と油揚げのお味噌汁

シャケ、だし巻き玉子、糠床から、きゅうり出して包丁入れながら、

つまみ食いする。

豪華ではないけど、やすらぎを感じる。

おひつがある暮らしはオススメよ(^^)

 

 

 

天までとどけ画集・仏様と童子が鯉のぼりに乗っている表紙絵

障子画・墓石画・各種デザイン制作承ります

子供・天使・仏さま・ペット等。
一枚一枚手書きいたします。
コチラよりご相談ください。

コラムの最新記事8件